Z世代の倍速視聴の実態がすごい?ネタバレもOK!『予想もしない展開』は不快!

Z世代はトレンドを作る拡散力があるので、将来的に消費を支える世代であることから注目されています。

近年、2000年以降に生まれたZ世代が動画を見る際に、積極的に倍速視聴をしている実態があります。その特殊なコンテンツの消費方法にも注目が集まっています。

今回はそんなZ世代の倍速視聴とネタバレOKの実態についてみていきます。

2000年以降に生まれたZ世代が倍速視聴する割合は多数派?

Z世代とは2000年以降に生まれた10代〜20代前半の若者世代を指します。

幼少期からSNSや動画共有サイトが当たり前に存在したデジタルネイティブ世代でもあり、マーケティングの対象としても研究されています。Z世代は日本の総人口の約14%を占めるそうです。

人口比率は決して大きくはないものの、本人たちは積極的にトレンドを拡散させてくれるので、他の世代も一緒に消費する流れが出来上がっています。

大学生128人にアンケート:倍速視聴をする人のほうが多数派?

大学2〜4年生128人にアンケートしたところ、倍速視聴を「よくする」が35.2%、「ときどきする」が31.3%になりました。合計すると、128人中85人が倍速視聴をしていることになります。

倍速視聴をしたことがないのは16人(12.5%)であることから、かなり少数派です。

あくまでも大学生128人のアンケートですが、倍速視聴をする人の方が多数派という結果となりました。

Z世代の倍速視聴の実態がすごい?「好きな俳優以外は倍速視聴」

倍速視聴当たり前の意見①「重要じゃない回想シーンは倍速視聴」

倍速視聴当たり前の意見

  • 18歳女性『映画の中でセリフがないシーンや重要じゃない回想シーンは倍速視聴する。』
  • 15歳女性『長いものを見て面白くなかったら嫌なので倍速視聴』

倍速視聴を当たり前にしている人の意見は、重要ではないシーンや長い作品を見て面白くなかったら嫌だという理由です。基本的な目的は時短で、タイムパフォーマンスを上げるためにやっているようです。

倍速視聴当たり前の意見②「好きな俳優以外は倍速視聴」

倍速視聴当たり前の意見

  • 21歳女性『ドラマで好きな俳優が出演しているシーンは普通の速度で見て、それ以外は倍速で見る』
  • 21歳女性『大学の授業が動画の時は、時間が半分になり集中もできるので倍速で見る』

21歳女性によれば、好きな俳優以外は倍速視聴するとのこと。「作品を観る」というよりは、好きな俳優を楽しんでいると想像できます。

また大学の授業を半分にするために倍速で見る人もいます。教育関係の動画の倍速視聴は昔からありましたから、納得する面も多いです。

Z世代はネタバレ視聴OK。「予想もしない展開」は敬遠されてしまう

ネタバレOKの意見

「予想もしない展開」は逆に嫌がられる

さらにZ世代の中にはネタバレ視聴OKという人もいるようで、事前に公開されている切り抜き動画を見て、面白ければ全編を見るようです。

そして、Z世代の中には「予想もしない展開」は感情を揺さぶられて疲れることから敬遠する人もいます。Z世代は未体験よりも追体験を求める傾向にあり、そのコンテンツが面白いという保証があった上で視聴するそうです。つまり、自分の好きなインフルエンサーが面白いと宣伝すればZ世代の視聴意欲は上がるのかもしれません。

つまらないコンテンツをいかに避けて、面白い作品を効率的に見たい欲求が高いのがZ世代の特徴です。

倍速視聴の目的は『時短』

倍速視聴の目的は『時短』

15歳女性「倍速やネタバレ視聴で浮いた時間をまた別の動画を見ることに使う。それの繰り返し」

Z世代が倍速視聴する目的は時短です。2倍速で見れば、映画1本分の時間で2本見ることができます。1日24時間でコンテンツが溢れている中、効率的に消費をするために倍速視聴しているようです。

まるで何かに追われるかのようにコンテンツを消費しているようにも見えます。

1998年生まれ23歳の森山みなみアナ「登場人物や動物が死ぬシーンがあると精神的に引きずってしまう」

森山みなみアナ『私、ネタバレ視聴しますね。映画でもドラマでも主要な登場人物や動物が死ぬシーンがあると精神的につらくて引きずってしまう。あらかじめ、ネタバレでそういうシーンがあるかチェックして、覚悟してみる。もしネタバレに後味の悪い作品だったとか、救いようもないバットエンドと書いてあったら、なるべく見ないようにしてます。』

Z世代に近い1997年生まれの森山アナ。

彼女は動物が死ぬシーンがあると精神的に引きずるらしく、先にネタバレ視聴をします。さらにエンディングがバットエンドだと見ないそうです。これには傍で聞いていた羽鳥アナも少々驚いた様子でした。

キー局のアナウンサーは激しい競争を勝ち抜いてきた方々です。しかし、そういう方でも映画の持つ偶然性よりも、ゴールが事前にわかる範囲で消費するスタイルみたいです。

まとめ

今回は、Z世代の倍速視聴の実態についてみてきました。

一昔前とは違って、Z世代は積極的に倍速視聴を行なっています。その目的はコンテンツの大量消費のためと言っても差し支えません。今現在はコンテンツが大量に溢れているため、一つ一つに時間を費やすことはしないようです。

その消費スタイルには驚くばかりですが、今後のZ世代が作り出すトレンドで世の中が変わるかもしれません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.