岸田首相『大変難しい判断や決断の連続だった』の発言に対して『検討ばっかりじゃん』の指摘

岸田政権は、2022年4月4日付けで政権発足から半年を迎えました。

同日メディアのぶら下がり取材に対応。その際に感染症やウクライナ対応をめぐり、『大変難しい判断や決断の連続だった』と発言しました。

しかし、これまで口癖のように「検討します」とメディア対応をしていたため、ネットからはツッコミの嵐となりました。

4月4日のぶら下がり取材で岸田首相が『大変難しい判断や決断の連続だった』と発言

岸田首相『大変難しい判断や決断の連続だった』

岸田首相『大変難しい判断や決断の連続だった』

4月4日のぶら下がり取材の発言

岸田首相『課題山積であり気のぬくことはできない半年であったと振り返っています。大変難しい判断・決断の連続でありました。

4月4日のぶら下がり取材で、政権発足半年間を振り返り、『大変難しい判断・決断の連続でありました。』と発言した岸田首相。

今までは「検討」という言葉を多様しており、ここにきて急に『決断』と発言。

ネットでは疑問の声が上がっています。

ネットの声:『検討ばっかりじゃん』の指摘

メディア対応では「検討」を多様する岸田首相

しかし、これまでのメディア対応では口癖のように「検討していく」と発言を繰り返していました。

そのため、『検討ばかりで、一体何を決断していたのか。。。』という指摘がネットでは相次ぐ結果に。以下にネットの反応を紹介します。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.