岡庭由征容疑者の顔画像|前科がやばい!16歳で通り魔事件を起こしていた【茨城一家殺傷事件】

2021年5月7日、茨城一家殺傷事件の犯人として、岡庭由征容疑者が逮捕されました。

昨年11月に硫黄45キロ所持で逮捕されたあとから、『茨城一家殺傷事件の犯人では?』と週刊誌で報道されていました。そのため、未解決事件界隈では注目されていましたね。

今回、ようやく逮捕に繋がったという形です。

岡庭由征容疑者の顔画像と前科について書いていきます。


岡庭由征は整形?手術時期はいつ?マスク姿がイケメンだと話題に【動画】
岡庭由征:通り魔事件の裁判員裁判で広汎性発達障害だったと明らかに

茨城一家殺傷事件の犯人として、岡庭由征容疑者が逮捕された

おととし、茨城県境町の住宅で夫婦が殺害され長男と次女も重軽傷を負った事件で、警察は夫婦に対する殺人の疑いで埼玉県の26歳の男を逮捕しました。
今後、動機や詳しいいきさつを調べることにしています。

逮捕されたのは埼玉県三郷市の無職、岡庭由征容疑者(26)です。

NHKより

茨城県境町の住宅で2019年9月、住人の会社員、小林光則さん(当時48歳)と妻のパート従業員、美和さん(同50歳)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、茨城県警は7日、別の事件で逮捕した埼玉県三郷市に住む男性(26)が事件に関与したとみて、殺人容疑で逮捕状を請求した。

男性は自宅に硫黄約45キロを保管していたとして昨年11月に三郷市火災予防条例違反の疑いで埼玉県警に逮捕され、さらに今年2月15日には警察手帳に付ける記章を偽造した公記号偽造容疑で茨城県警に逮捕されていた。

毎日新聞より

2021年5月7日に、茨城一家殺傷事件の容疑者として岡庭由征容疑者(26)が逮捕されました。

本事件は2019年9月に発生し、小林さんとその妻が殺害され、子供2人も重軽傷を負いました。

子供2人は犯人を目撃していますが、その後の捜査は難航していました。

しかし、昨年11月に岡庭容疑者が硫黄45キロを所持していたとして逮捕され、捜査が動き出しました。

岡庭由征容疑者|昨年11月に硫黄45キロ所持で逮捕されたときから注目されていた

岡庭容疑者の自宅(埼玉県三郷市)を家宅捜査する捜査員たち

硫黄45キロを所持していたとして岡庭は逮捕された

市の条例に定められた指定の基準を超えた量の硫黄を自宅で所持していたとして、25歳の無職の男が三郷市火災予防条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、三郷市の無職岡庭由征容疑者(25)です。

警察の調べによりますと、岡庭容疑者は19日、危険物の貯蔵・取り扱いについて基準を満たしていない自宅の倉庫に、市の条例の指定基準を超える硫黄の粉末45キログラムを袋に入れて貯蔵していた疑いが持たれています。

硫黄は、可燃性で粉じん爆発を起こす可能性があり、化学反応を起こすと有害な硫化水素が発生するおそれがあります。

茨城県警から「違法に薬品などを所持している疑いがある」などと情報提供があったことから合同捜査班を設置し、19日から家宅捜索を行っていました。

警察の調べに対し、岡庭容疑者は「硫黄を保管したことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察は、硫黄の入手経路や貯蔵目的などについて調べています。

昨年11月に、硫黄45キロを所持していたとして逮捕された時に一度名前が出ました。

この時逮捕されたのが、三郷市の無職岡庭由征容疑者(25)です。

そんなAの家に昨年11月、再び埼玉県警の捜査の手が入った。

隣の茨城県警から「殺人のために使えるものを所持している」との情報提供を受け、家宅捜索したところ、硫黄約45キロが見つかったのだ。危険物貯蔵取り扱いの基準に反したとして、埼玉県警は三郷市火災予防条例違反の疑いで、無職のAを逮捕した。

現場には早朝から大勢の報道陣が詰めかけ、「通行止めになるほどだった」(近隣住民)という。

その理由は、Aがある未解決事件の捜査線上に浮上したためである。

その事件は、Aの家から北に約40キロ離れた、茨城県境町の民家で2019年9月に起きた。会社員の小林光則さん(当時48)と妻のパート従業員、美和さん(同50)が何者かに刃物で刺されて死亡し、中学生の長男(同13)と小学6年生の次女(同12)が重軽傷を負った。

20年2月16日の週刊女性プライムより

その後、一部週刊誌でも茨城一家殺傷事件との関連性が報道されたので、未解決事件界隈では長く注目されていました。

今回無事に逮捕に繋がったというわけです。そして各種週刊誌の報道から、過去の前科もわかってきました。

岡庭由征の前科がやばい!16歳で通り魔事件を起こしていた

以下に判明している範囲で岡庭容疑者の前科をまとめていきます。

20年2月16日の週刊女性プライムでは、通り魔事件の前科を報道しています。

前科1:埼玉県三郷市で通り魔|16歳で女性生徒のあごを刃物で刺した(2011年11月)

埼玉県三郷市の川沿いに立つAの家は、周囲がブロック塀で囲われ、敷地の中は二世帯住宅になっている。

ここからサバイバルナイフや鉈など計71本の刃物が埼玉県警に押収されたのは、今から10年近く前のこと。Aは当時、通信制高校の2年生で、2011年11月、同市の路上で中学3年の女子生徒のあごを刃物で刺してケガを負わせ、さらにその2週間後には、隣接する松戸市の路上で小学2年の女児の脇腹など数か所を刺し、殺人未遂の疑いで逮捕された。

この連続通り魔事件に加え、Aは猫の首を切断したり、放火を繰り返したりした。その行動の奇異性からネット上では、1997年に神戸市で起きた連続殺傷事件の犯人になぞらえて、「第二の酒鬼薔薇聖斗」とも呼ばれている。

20年2月16日:週刊女性プライムより

岡庭容疑者はどんな人物なのか。

警察関係者によると、岡庭容疑者は10年ほど前に千葉県で女児に対する殺人未遂事件を起こし逮捕・起訴されていた。

岡庭容疑者は当時16歳。自宅からは数十本の刃物が見つかり、調べに対し「人を殺してみたい」と供述していたという。

20年5月7日:AERA.dotより

週間女性プライムとAERA.dotでは以下のように、岡庭容疑者の前科が報道されています。

  • 10年近く前に自宅からサバイバルナイフなど71本が埼玉県警に押収
  • 当時、通信制高校の2年生だったが、女子生徒を刃物で刺して殺人未遂の疑いで逮捕された
  • 猫の首を切断したり、放火を繰り返していた
  • 犯行時の年齢は16歳
  • 取調べで「人を殺してみたい」と供述していた

このような凄惨な事件が埼玉県三郷市で発生していました。近所に住んでいた方は怖かったのではないでしょうか?

前科2:三郷市火災予防条例違反の疑いで逮捕|硫黄45キロを所持(2020.11.20)

市の条例に定められた指定の基準を超えた量の硫黄を自宅で所持していたとして、25歳の無職の男が三郷市火災予防条例違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、三郷市の無職岡庭由征容疑者(25)です。

警察の調べによりますと、岡庭容疑者は19日、危険物の貯蔵・取り扱いについて基準を満たしていない自宅の倉庫に、市の条例の指定基準を超える硫黄の粉末45キログラムを袋に入れて貯蔵していた疑いが持たれています。

昨年11月に硫黄45キロを所持していたとして、三郷市火災予防条例違反の疑いで逮捕されました。

本案件は埼玉県警と茨城県警の合同捜査チームまで出来上がっていた案件でした。そのため、早くから茨城一家殺傷事件との関連性が週刊誌から報道されていました。

前科3:公記号偽造(警察手帳偽造販売)|(2021年3月9日)

水戸地検は8日、警察手帳を偽造して販売したとして、公記号偽造の罪で、埼玉県三郷市鷹野4丁目、無職、岡庭由征容疑者(26)を水戸地裁に起訴した。

火災予防条例違反の疑いで逮捕されたあとに、警察手帳を偽造したとして再び逮捕されています。

これは推測ですが、逃亡させないために逮捕したという可能性もありますね。

岡庭由征の顔画像とプロフィール【茨城一家殺傷事件】

岡庭由征の顔画像

昨年11月逮捕時の顔画像

岡庭由征の顔画像

プロフィール

  • 名前:岡庭由征
  • 年齢:26歳
  • 職業:無職
  • 住所:埼玉県三郷市
  • 前科:殺人未遂など多数

茨城一家殺傷事件の犯人として、岡庭由征容疑者が逮捕されました。

昨年11月に硫黄の件で逮捕されたときの顔画像が公開されました。

年齢は26歳で、前科は殺人未遂など多数あります。

 三郷市にあるAの家のインターフォンを鳴らすと、母親とみられる中年女性の声がした。メディアの人間だと名乗った瞬間に声色が変わり、「帰ってください」と追い払われた。置き手紙を残して後日、訪問すると口数が少ないながらも、インターフォン越しに重い口を開いた。

母親は、茨城の事件については知っていたが、息子の関与をほのめかす報道については把握しておらず、「びっくりしている」と語った。

Aの免許の有無に関しては、こうきっぱり言った。「持っていません。息子は車を運転できないです」

20年2月16日の週刊女性プライムより

本事件で逮捕される前に、週刊女性プライムでは岡庭容疑者の自宅にインタビューがなされています。

事件の関与が疑われることについて母親は「びっくりしている」と語っていました。

続報があれば追記していきます。
岡庭由征は整形?手術時期はいつ?マスク姿がイケメンだと話題に【動画】
岡庭由征:通り魔事件の裁判員裁判で広汎性発達障害だったと明らかに

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.