山口公次・Kouzyのプロフィール|プロレスラー・デビューまでの生い立ち

元TOKIOの山口達也さんにはプロレスラーの弟・山口公次さんがいます。

彼は幼少期から少林寺拳法を習い、高校では全国大会にも出場していました。過去にはヘビメタバンドのボーカルとしてもマルチに才能を発揮していました。

今回は、公次さんのプロフィールをまとめていきます。

山口公次(プロレスラー)のプロフィール

kouzyこと、山口公次

  • 名前:山口 公次(やまぐち こうじ)
  • 生年月日:1979年7月18日
  • 出身地:埼玉県草加市出身
  • 身長:173cm
  • 職業:プロレスラー兼歌手
  • 団体:666(トリプルシックス)
  • 特技:少林寺拳法三段
  • 女性のタイプ:ベッキー
  • the cycleのボーカル:2009年3月〜2011年末まで

山口公次さんは現在42歳で、プロレスラー兼歌手として活動しています。

出身は埼玉県草加市出身で、男3人兄弟の末っ子として育ちました。次男は山口達也さん、長男は会社を経営しています。

3人揃って、格闘技と音楽が好きで、兄の達也さんも大のプロレスファン。幼少期は、兄の隣でプロレス中継をみて育ちました。

兄ほどプロレス好きではなかったものの、幼少期から格闘技に打ち込み、少林寺拳法三段の腕前があります。父親が空手をやっていたので、一家の子供達も自然と格闘技に慣れ親しんだようです。

しかし、身体が大きくならなかったため、プロレスラーの夢は断念。

その後、格闘技だけでなく、音楽の世界にも挑戦していきます。

15歳のときにジャニーさんに『CM出てよ』と誘われたことも。

「15歳の時、兄のライブを観に行ったらジャニーさんに会って、いきなり『ユー、スケボー乗れる?CM出てよ』って誘われたことがありました。親が反対したので結局ジャニーズには入りませんでしたが」

引用:週刊文春

1994年、15歳のときに兄のライブをみにいったところ、ジャニーさんから「CM出てよ」と誘われたことがあったとか。ジャニーさんに声をかけられるということは、それだけ秘めた才能があったということ。

しかし、親に反対されたこともありジャニーズには加入しませんでした。

もし入っていれば、『兄弟揃ってジャニーズ』が実現していたはずです。

高校では少林寺拳法部で全国出場。音楽活動も開始

高校では少林寺拳法部を3年連続、全国大会に出場させることで、周りの同級生から怖がられたそうです。そのため、可愛い女の子からも怖がられてしまい、あまりモテなかったと語っています。

寄ってくるのは、湘南乃風の人たちばかりで、その方々に誘われてバンド活動を開始。しかし、ライブ中に乱闘を発生させるバンドだったらしく、本人も『怖かった』と語っています。

それだけでなく、高校ではヒップホップのチームにも所属し、ダンスも習得しました。

少林寺拳法全国大会出場、バンド、ダンスなど多岐にわたる活動をしていたようですね。

山口公次はロックバンド”the CYCLE”の元ボーカル

高校卒業後は、本格的にプロデビューの道を歩みます。

いざデビューするときになったときに当時の所属事務所から「あなたはポップスだ」と言われ、ポップス路線で活動開始。ビートルズのマッシュルームカットにスーツ姿で歌っていたようですが、嫌気がさして3年でやめたそうです。

もともとメタル好きだった公次さんは、「人格までは変えられないから」と嫌になった理由を語っています。

その後、公次さんは2009年3月、ヘビメタバンド『the CYCLE』に加入。プロレスラー活動に専念するまでの2011年末まで、『the CYCLE』の元ボーカルとして活動しました。

ライブ動画が残っていますが、雰囲気があってすごいですね。

兄・山口達也から反対されたものの、2011年にプロレスラー・デビュー

今回は知人の紹介で念願のプロレスデビューと相成ったが、当初、兄は猛反対だったという。

「プロレスやると連絡したら、『え、お前が!?お前、いったい何をしたいの。音楽やるんじゃなかったのか』と、かなり強く反対されました。何とか最後は『まあ、好きにしろ』という感じで折れてくれて」

プロレスラーデビューするために、転機となったのは2011年2月。

プロレス団体666が音楽とコラボするイベントに、参加したことです。それがきっかけで念願かなってプロレスラー・デビューすることができました。

しかし、兄の山口達也さんからは、猛反対されたそうです。最終的には折れたそうですが、夢を叶えることは大変だと実感します。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.