【ながら運転】信号待ちのスマホ操作でも違反?弁護士の見解が出た!

2019年12月1日から、道路交通法が改正されて、ながら運転の罰則が強化されます。

スマホで事故を起こした時には、運転免許の停止がなされます。

厳しい処罰ですが、信号待ちのスマホ操作は違反なのでしょうか?弁護士から『停車中であればセーフという見解』が出ました。

12月1日から『ながら運転』の罰則が強化されます

12月1日からならが運転の罰則が強化される

2019年12月1日から、道路交通法が改正されて「ながら運転」の罰則が強化されます。

基本的に走行中の車内でスマホは操作してはいけません。

携帯電話使用等が警察官に見つかった場合は、違反点数:3点、罰則金:18,000円が課されます。

また、携帯電話の使用で事故を生じさせた場合は、即免許停止になります。

改正後の罰則点数と罰金

ながら運転で事故を起こしたときの違反点数(改正後は一発免停)

2016年に起きたポケモンGOのながら運転で、小学生が亡くなった事件が罰則強化のきっかけだったそうです。

罰則が強化される理由は、ながら運転による事故は2790件も発生しているため、国が早期に対策を図った結果です。

【車の運転】信号待ちでのスマホ操作は違反?弁護士の見解が出た!

信号待ちや渋滞中のスマホ操作は違反?

信号待ちでのスマホ操作は違反?

  • 信号待ち:停車中なのでスマホ操作はセーフ
  • 渋滞中:停車中はセーフ。しかし少しでも動いている状態でスマホ操作はアウト

11月29日放送のNスタで信号待ちと渋滞中のスマホ操作について、弁護士の見解が出ました。

坂口弁護士によれば、信号待ちと渋滞中ともに停車中であれば、『スマホ操作はセーフ』という見解でした。渋滞中は少しでも動いていたらスマホ操作は違反となります。

弁護士によって見解に違いがあるとのことですが、テレビ番組で紹介されたので信頼性は高いです。

スマホホルダーを使って自衛しよう

ながら運転罰則強化によって、スマホ操作は今まで以上に気をつける必要があります。

信号待ちや渋滞中のスマホ操作は停車中であればセーフですが、弁護士の間でも見解の違いがあります。

また、警察官によって個人差が必ずあります。停車中でもなるべく片手ではスマホは持たない方がいいです。

スマホホルダーを使って、自衛していきましょう。

以下に様々な車で使用できるスマホホルダーを紹介していきます。

ダッシュボードに貼るタイプのスマホホルダーです。どの車種にも使用できるのが魅力的。

こちらはエアコン吹き出し口に挿入するスマホホルダーです。様々な吹き出し口に対応しており、ほぼ全ての車に使用できます。

吸盤でガッチリとダッシュボードに固定できます。

車内の設置場所に困らないのが魅力的ですね…!

まとめ:海外ではもっと厳しい罰則も!

今回は、停車中のスマホ操作であれば、違反にならないことをお届けしました。

事故が増えているといえども、厳しい罰則に変わりはありません。

しかし、海外はもっと厳しい罰則があります。

イギルスは信号待ちでもスマホ操作が禁止されていますし、将来は妨害電波も検討されているようです。

オーストラリアは、AI搭載カメラで摘発が進んでいます。

世界的に見れば、日本はまだ甘いようなので気をつけて運転したいですね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.