織田裕二がハゲたのはいつから?頭頂部の変化をまとめた【画像】

2019年9月27日から始まった世界陸上。

例年通りに生放送の実況は織田裕二さんが担当しています。生放送のオールスター感謝祭と中継で繋いだ時に、『織田裕二の後頭部が薄くなっている』と気づいた人がいました。

いつ頃から、後頭部がハゲてきたのか髪型の変化をまとめてみました。

織田裕二の頭頂部がハゲていると発覚。。

今年も世界陸上でMCを務めている織田裕二さん。

いつの間にか頭頂部が薄くなって、ハゲているのでは?と話題になっています。今まで織田裕二さんはノーマックだったので、「あれ?」と思った人も多いのではないでしょうか。

オデコが広くなっているわけではありませんが、さすがに頭頂部の薄さは目立ってきましたね。

以下はネットの声です。

織田裕二がハゲたのはいつから?40代の後頭部の変化をまとめた【画像】

織田裕二がハゲたのはいつからなんでしょうか?

年齢別の織田裕二の画像を並べつつ、40代から後頭部の変化をまとめてみました。

肌も髪もバリッと決まった20代

脂が乗った30代

30代のときは、20代と比べても遜色ないです。髪型はこのときからあまり変わっていないこともわかります。

頭頂部の薄さが少しずつ目立ってきた40代

40歳の時点で、後頭部のつむじが大きくなっていました。これは、2009年の世界陸上 大阪のときの画像です。

汗で髪の毛が湿ってくると、頭頂部の薄さが目立ってくるパターンですね。

さすがに20〜30代と比べると、髪に元気がなくなってきます。

42歳の画像です。

角度によっては、後頭部の薄毛が見立たないですね。このときは、まだ髪の毛が乾いていれば薄さがわかりません。

44歳でも、髪の毛が乾いていれば頭頂部の薄さは目立ちません。

46歳になると平常時でも、つむじの大きさが目立ってきましたね…!

後頭部の薄さが明らかになってきた50代

50代になると、さすがに頭頂部の薄さが明らかになってきます。それでも、まだつむじが少し大きいレベルでごまかせますが。。

40代のときと比較しても、ハゲ始めたのは確かですね。

このことから、40代後半からハゲ始めたとみて間違いなさそうです。

織田裕二の現在はハゲた?

2019年9月、51歳の織田裕二さんの髪の毛の状況はこのような感じです。

頭を傾けなくても、頭頂部の薄さがわかってしまうレベルになってきました。さすがにここまでのレベルになると、ハゲ始めたと言われても不思議ではありません。

織田裕二がハゲた原因は何?

織田裕二さんはオデコが後退していくハゲではありません。よって、遺伝ではないと思われます。

一般的には頭頂部が薄くなる原因は、DHTという男性ホルモンが作用している男性型脱毛症(AGA)と言われています。

織田裕二さんの頭頂部がこれ以上、ハゲないことに期待します。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.