沢尻エリカのスターダスト解雇理由は大麻?逮捕されなかった理由も

11月16日沢尻エリカが逮捕されましたが、10年前から薬物を使用していたと供述しています。

10年前の2009年には当時所属していたスターダストを解雇されています。

解雇された理由は大麻の使用疑惑と言われています。

実際に陽性反応も出ていたようですが、そのときなぜ逮捕されなかったのでしょうか?

2009年のスターダスト解雇理由は大麻!

2009年9月:沢尻エリカに大麻の陽性反応が出た

沢尻エリカは2009年にスターダストを解雇されました。

その理由は表向きには公開されていませんが、大麻の使用疑惑が指摘されていました。

スターダストの通知書(週刊文春より)

週刊文春は入手したスターダストの通知書を当時、公開していました。

そこには『大麻の陽性反応が出た』ことを理由に解雇したという驚きの内容が書かれていました。

2011年には大麻使用疑惑は事実無根と回答していた

2011年には大麻使用疑惑について事実無根と回答していましたが、『10年以上前から薬物を使用していた』という供述から、嘘だったわけです。

なぜ、そのときに逮捕されなかったのでしょうか?

逮捕されなかった理由:大麻を使用するだけでは処罰の対象ではない

2009年に大麻の陽性反応が出たとされるときに、逮捕されませんでした。

大麻は法律上、使用するだけでは処罰の対象となりません。

それが、沢尻エリカが10年前に逮捕されなかった理由ですね。

昔から大麻は、繊維作物として各地で栽培されてきた歴史があります。麻の実は七味唐辛子等の香辛料として食べる人も多いのです。

大麻の葉には幻覚作用がありますが、成熟した種はその成分はなく、安全です。

大麻を栽培している農家にとって、ごく微量ですが幻覚作用のある成分を吸い込んでしまう可能性があります。

そのため、大麻の使用を処罰すると、不都合が生じるために除外されていると言われています。

ネットの声

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.