高橋海人は漫画が下手?『ジャニーズと僕』までの絵の変化まとめ

高橋海人さん、姉の影響で小学館『ベツコミ』で漫画家デビューしています。

ただ、『高橋海人 漫画 下手』で検索されることが多いです。彼の絵柄は実際、どうなんでしょうか。

新連載の『ジャニーズと僕』は結構、うまくなっていると思います。

というわけで、今回は『ジャニーズと僕』までの絵の変化をまとめてみました。

高橋海人は漫画家になる前から絵心があった|漫画を始めたのは姉の影響

高橋海人作「自分の目」

プロフィール

  • 名前:髙橋 海人
  • 年齢:20歳
  • 生年月日:1999年4月3日
  • 出身:神奈川県

髙橋 海人さんは漫画家としてデビューする前から絵心がありました。2つ年上の漫画好きな姉の影響があったからだそうです。

『自分の目』という芸術的な作品を発表しており、才能の片鱗を見せていました。

しかし、『僕のスーパーラブストーリー』でみせた絵は「下手なのでは?という声もありました。

本当に下手なのかどうか、高橋さんの最初期から現在までの絵柄を追ってみます。

連載企画から『ジャニーズと僕』までの絵の変化まとめ

高橋海人の漫画①:連載企画『アイドル、ときどき少女まんが家。』

『アイドル、ときどき少女まんが家。』はベツコミでスタートした連載企画です。

高橋さんがプロにインタビューをしたり、絵の課題をクリアして少女漫画家を目指すという内容でした。

それぞれの回で、編集長やプロの漫画家から指導を受けていました。

連載第五回:編集長からの指導

連載第七回:最富キョウスケ先生(『アイドル、ときどき少女まんが家』ではプロから指導を受けていた)

指導を受ける一方で、いくつかの絵を披露していました。

完成したキャラ設定

阿部那月

  • 高校1年生。かっこよくてモテるけど実は唯一の恋愛が少女漫画の中。恋愛が美化されすぎてる。ヒロイン・千聖に一目惚れ。これが初恋。

及川千聖

  • 高校1年生。かわいくいて清楚系、マドンナ的存在のモテる女の子。おとなしくて、ふわっとした感じ。ヒロインも少女漫画が好きで、あんまり恋愛したことがない。

連載中に自身が製作したキャラ設定とイラストを公開しています。設定の段階なので、下書きに近いものですね。

また、平野さんのイラストも描いています。

高橋さんが描いた平野さんのイラスト

このように『アイドル、ときどき少女まんが家』では、プロデビューに向けて漫画の描き方を習得していました。

ペンタブのデジタル作画も学びつつ、紙面に絵も発表していました。このときは線も安定していませんが、イラストを発表することで着実に画力を上げていったのだと思います。

高橋海人の漫画②:デビュー作『僕のスーパーラブストーリー』

「僕のスーパーラブストーリー」のあらすじ

恋愛経験のない男子高校生が同級生にいきなり、壁ドンして告白する。14ページの作品

『ときどき少女まんが家』でプロから直接指導を受けて、ついに漫画家デビューします。

その作品が「僕のスーパーラブストーリー」でした。忙しい仕事の合間をぬって3ヶ月かけて完成させた漫画です。

表紙絵の制作時間は3時間!

『高橋海人さんの漫画が下手』だと言われたのは、表紙絵がきっかけだったと思われます。右手がグニューンとなっていて、寄生獣のミギーか!なんて思ってしまいます。

少女漫画風の中に、ギャグ漫画風のコマもある。

漫画のイラストはこのような感じで、少女漫画をあまり知らない人からすると『関節どこ??』となります。

しかし、ときどき少女まんが家』と比べると、綺麗な線が引けているようになっています。

高橋海人の漫画③:僕とジャニーズ

僕とジャニーズ

高橋さんはスパラブのあとに、「僕のジャニーズ」の連載をスタートしました。アイドル業が忙しい中、準備を重ねて新連載にこぎつけたようでした。

この漫画は、ノンフィクションでKing & Princeとジャニーズの日常を描いています。

前回の少女漫画風のテイストからは脱して、親しみやすい絵柄に変わっています。

日常ほのぼの系の独自路線を構築

明らかに、以前よりも漫画家として万人受けする絵柄になっていますね。

まとめ:高橋海人は漫画が下手?|実はかなり成長している!

高橋さんの画力は実は成長している

今回は、高橋海人さんの漫画が下手なのかどうか、絵柄の変化をまとめてきました。

「ときどき少女漫画家」でプロに指導を受けた頃と現在の絵柄を比較すると、明らかにうまくなっていますね。

ジャニーズの日常を描くという、独自路線を開拓しました。今後の作品にも期待できると思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.