昭恵夫人のファッションがおかしい|ドレスコード違反ではない理由【即位の礼】

2019年10月22日に行われた『即位の礼』ファッションセンスがおかしいと話題を集めています。

他の要人がドレスでかためているのに、一人だけスカート丈が短いワンピースを着ていました。

ドレスコード違反という声もありますが、真相はどうなっているんでしょうか?

非公開: 上田徳人と高校生の顔画像|大津市内の高校は?被害者とのトラブルも!

昭恵夫人のファッションと目つきがおかしい|スカート丈が短い理由【即位の礼】

昭恵夫人が選んだのは、“ひざ丈”のワンピースのドレスだった。ひじの位置から、袖がラッパのように大きく開いた個性的なドレスに、真珠のネックレスと高めのヒールという出で立ち。

バツが悪そうな昭恵夫人

昭恵夫人のファッションがおかしいという声が出ています。他の要人がバシッと決める中、一人だけ確実に浮いていますね。

両手からロケットパンチが出そうなワンピースです。そして、目つきも悪いです。

周りを威圧するような目つき

このような状況でしたが、他国の要人は素敵なドレスで参加していました。

各国の要人たちは素敵なロングドレスでしたから、余計に昭恵夫人のファッションセンスが目立ってしまいました。

夫人は以前からも奇抜なファッションだったこともわかっています。

隣に並ばれると、余計に目立ちますね^^;

奇抜なファッションを選ぶ傾向があります。

独特なスカートの模様ですね。

スカート丈が短い理由は、自身の自慢でもある足を魅せる!という目的があったものと見られます。

昭恵夫人(安倍昭恵)のファッションはドレスコード違反ではない?

通常、このような儀式であれば、女性は和装か、アフタヌーンドレスなどひざが完全に隠れるドレスで参加するのが一般的。実際に「即位礼正殿の儀」に参加した女性のほとんどが、着物かひざが完全に隠れたドレスだった。

今回、明らかに浮いたファッションを即位の礼で披露した昭恵夫人(安倍昭恵)さん。

そもそもドレスコード違反ではないか?という声もあります。

これについて、専門家がドレスコード違反ではないと回答しています。

昭恵夫人が着用したのはデイドレスなので、ドレスコード違反ではありません。また英王室のベアトリス王女などは、王族の結婚式で膝丈を着用。これも違反とは言えません。しかし気になるのは周囲から浮いていることです。(政治ジャーナリスト:安積明子)

昭恵夫人が着用したのはデイドレスであり、ドレスコード違反ではないようです。

しかし、周囲から浮いていることがそもそも悪いとも指摘しています。国民が違和感をもつ理由はそこですね。

彼女には公務員から先発された秘書が3名います。彼らがアドバイスをするはずだったのですが、適切にされていなかったのでしょう。

ネットの声

今回、夫人の服装についてはかなり批判が寄せされています。ロケットパンチが出そうなドレスは周囲から浮いていましたね。

ドレスコード違反ではないにしろ、もう少し周囲に溶け込ませる努力をして欲しかった気がします。

違反かどうかは知らないが、
1人だけ膝をだして座ってたのはすごい気になった。
やっぱり感覚がズレた人なのかな。

この人はダメだな!

私も膝というか膝下が見えていることに驚きました。ドレスコードは多分、正装と言う規定だと思いますが、この服装は正装になるのでしょうか?日本人だから着物をとまでは言いませんが、ガラス張りの最前列に座るならせめて膝が隠れるスカート丈をと思いました。年甲斐もなくモデル並みに足に自信があるのでしょうかね。。。

それなりの場だからドレスコード的な物がきちんとあるなら、周りの人が知らせてあげるべきでしょ。本人の無知は立場的にダメだけど、昭恵夫人はそんなに孤独なの。失敗を期待されてるのかな。って気を回しちゃうので知恵を貸してあげて。もし昭恵夫人が耳を貸さないんだったら違反の声は甘んじて受けましょう。

非公開: 上田徳人と高校生の顔画像|大津市内の高校は?被害者とのトラブルも!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.